ランニングのフォームが安定

普段のランニング前のインナーマッスルのトレーニングを習慣にしてフォームを安定させましょう。
マラソンイラスト/無料イラスト/フリー素材なら「イラストAC」
自分のランニングのフォームは、インナーマッスルを有効に活用できているだろうか?
インナーマッスルは深層にあるために、走っている時にそれを感じるのは難しいです。
まずは、ドローインを繰り返し、インナーユニットを使う感覚を覚えることから始めましょう。インナーマッスルのトレーニングは、そこに負荷をかけて筋肉を肥大させようとするものではなく、使えるようにするための訓練です。
まずは、ランニングする前にドローインを行い腹横筋にスイッチを入れましょう。そして走ってみると骨盤が安定する感覚が分かってきたら、次のステップのトレーニングに行きましょう。インナーマッスル(体幹)と上肢、インナーマッスル(体幹)と下肢の連動性を高めるトレーニングを行っていきましょう。

走る時に、フォームにクセ(歪み)があれば、タイムが伸びないだけでなくケガにもつながります。ランナーならインナーマッスルを鍛える体幹トレーニングは必要です。

 

福井市のまきの接骨院は
地域住民の方の拠りどころ・健康サポート・
痛みのケア・体幹力UPに、お役に立つ事が出来ます。
* 各種保険取扱
* 交通事故施術、労災施術
* KOBA式体幹バランストレーニング
* FLOWINトレーニング
*ハイボルト治療
*ラジオ波治療
*超音波療法

関連記事

  1. 接骨院だからできる特別なケア

  2. セルフケアグッズの紹介

  3. FLOWIN

  4. バランス力UP

  5. 引退のお知らせ

  6. KOBA式体幹バランストレーニング福井市のまきの接骨院

PAGE TOP