ラジオ波による深部温熱を操る

ラジオ波の効果
深部熱・温熱効果
疼痛の改善
筋痙縮の改善
関節性拘縮の改善

温度上昇が及ぼす生理的変化と臨床効果

設定温度

生理的変化 臨床的意味
3~4℃ 腱、関節包及び瘢痕組織の膠原繊維の伸展性を増す。 ・伸展を容易にし、腱、関節包及び拘縮した瘢痕の可動域を増す。
 

2℃

・運動及び知覚神経の伝達速度を増し、疼痛閾値を高める。
・骨格筋の伸縮緊張を和らげる。
・筋紡錘の緊張を和らげる。
・痛み治療による筋肉のスパズムの減少。
・疼痛を軽減する。
・筋肉のスパズムを和らげる。
1℃ ・血流を増す。
・各組織の代謝を促進する。
・慢性の炎症を軽快させ筋肉のスパズムを減少させる。

ラジオ波は狙った場所を3~4℃温める事ができ、関節、筋肉が緩みます。
緩んだ感覚はすぐに体感できて驚かれます。
是非一度体験してください!

 

 

福井市のまきの接骨院は
地域住民の方の拠りどころ・健康サポート・
痛みのケア・体幹力UPに、お役に立つ事が出来ます。
* 各種保険取扱
* 交通事故施術、労災施術
* KOBA式体幹バランストレーニング
* FLOWINトレーニング
*ハイボルト治療
*ラジオ波治療

関連記事

  1. 体幹バランストレーニング

  2. 接骨院だからできる特別なケア

  3. 新しい体幹トレーニングアイテム

  4. 体幹×サッカースクール

  5. キャリア教育の講師に行きました。

  6. 交通事故治療

PAGE TOP